構造化コーディネート研究所(cc−labo)

代表である豊田美智子の個人的なブログです。事業所のURLはhttp://cc-labo.jp/です。

戦闘体制中断。気が抜けました。


 今日、先日調査を受けた介護保険の審査結果が届きました。「2」という数字が見えたので、よっしゃー要支援2だー、電動車椅子GETに向けた交渉に入るぞーって思っていたら、次の用紙に「あなたは『要介護2』に認定されました」とでっかく書いてある。へ?え?は?ほ?、要介護2ですか?! なんで? 何とか歩けるんですけど。自転車に乗ってるって言ってしまったんですけど。主治医の意見書もA1(要支援2)なんですけど・・・。何かの間違いじゃないの? 病名は印籠にならんし(障害福祉でもならんかったし)。

 地域包括支援センターの方が中心となってくださり、電動車椅子GETのための戦闘体制(別に本当に戦う訳じゃないんだけれど、気分盛り上げ的にね)に入っていたんだけれどなあ・・・。封筒を開けたのが夕方6時を回っていたから、保健師さんとは連絡とれず。地域包括支援センターの方とは連絡が取れました。「要介護2になってるんです」「・・・見間違いじゃないですよねえ・・・」「私も見間違いかと思ったんですけど・・・」「えらい高く出ましたねえ・・・」「何ででしょうね・・・」。二人とも不思議モード全開。地域包括支援センターの方も、私のような状態で要介護2に認定されたケースは初めてだったのかもしれません。

 ひょっとして封筒の入れ間違いだったりして。後日、修正通知がやってきたりして。あるいは、こちらの戦闘オーラが市に伝わったのかな。それでメンドーなヤツだから要介護2にしとけ、と審査会で決まったとか。ないしは、働いているということを調べるのを忘れておられたのかな(市の仕事もしていたんだけど)。それとも、ウチでじっと療養している病弱なアラフォーオンナ(おばさんじゃないよ:こだわってるなあ)に見えたのかなあ・・・これって、スッピンで調査を受けた効果かな?! 私、化粧してもほとんど変わらんけど。



 何だか気が抜けました。要介護2なら、戦闘せずに電動車椅子のレンタルができます。でも何か落ち着きません。何だかどこかに、トラップがあるような・・・。要介護2なんて想定していなかったから、私って自分が思っている以上に、身体機能が悪くなってるんだなあ〜って思ったりしてしまいました。何だか「あなたは病人です」と公式に認定された気分(一応、病人なんだけど^^)、そして一気に老けそうな気分です。

 以下に、先日ご紹介した医師会の資料をもう一度アップします。

 

 要介護2は「寝たきり」の中の「ランクB1」になります。ベッド上での生活=座イス上での生活と解釈してくださったのかも。いずれにしても、何だかちょっと複雑な気持ちです。地域包括支援センターの方に介護予防支援計画を書いていただく予定だったのに、要介護2になったからその必要がなくなりました。ある意味、残念なことに、ケアマネさんを探さないといけなくなりました。地域包括支援センターの方がケアマネも兼ねておられたら良かったのですが(兼任はムリですからねえ)。せっかくいい方と巡り合えたのに、残念です。

 吸引のできるヘルパー事業所に併設されているか、そのような事業所をご存じで、かつ「指導的」な方ではないケアマネさんを探してみます。地域包括支援センターの方も、一緒に探してくださることになりました。想定外の事態になっちゃったので、新しい人脈探しをスタートさせます。とはいえ、今は年度末地獄の真っ最中。こんな時に、大きな軌道修正がやってきた。えらいこっちゃ。電動車椅子GETへの道のりが、逆に遠くなってしまったような。そうでなくても進んでいない仕事も滞る。はぁ、いつになったら電動車椅子に乗れるのやら。脚が少しでもラクになれるのやら。



 ・・・やっぱり結果通知書を何回見ても、要介護2だわ。でもきっと、また新たな、何らかの戦闘体制に入りそうな気がするなあ。そういう星の下に生まれてきたオンナですから^^