構造化コーディネート研究所(cc−labo)

代表である豊田美智子の個人的なブログです。事業所のURLはhttp://cc-labo.jp/です。

身体のお腹側の筋力が低下しているようです。


 今日はリハ&産婦人科通院でした。ピルが保険適用になった(障害者医療証により自己負担なしになった)のはうれしいことなのですが、保険適用になったばかりのため通院が月1回必要となり、ちょっと大変です。障害者医療といえば、障害者医療費助成等の自己負担額を1回500円から800円に引き上げると、大阪府知事が発表しておられますなあ。障害者施策には切り込まないといいつつ、障害者福祉は切り込まなかったけれど、障害者医療は切り込みましたねえ。引き上げられるのは障害者医療助成だけじゃないから、最終決着はどうなることやら。



 先週に引き続き、今日は某義肢装具業者さんとリハの前にお会いしました。先週と異なり、お互いの意思疎通ができていたためか、話がスムーズに進みました。今日、正式にコルセットとヘッドカラーを発注し、2月中旬に納品していただくことになりました。健康保険が適用されるものにしましたが、装具は療養費払いなので、一旦は全額持ち出しとなります。納品後にリハDrの意見書を提出し、審査に通れば(コルセットがちょっと心配)、国保+障害者医療証により私の負担はナシになります。


 コルセットは、「胸椎ダーメン」(胸腰椎用軟性コルセット)となりました。色はホワイト、価格は28,582円、医療保険上の耐用年数は1.5年です。なので次にコルセットを作るとしても、医療保険を使うなら1年半先になります。まあ1年半もしたら、私の状態もかなり変わっていそうですが(車椅子生活が中心になっていそうな気が)。
 
 http://www4.plala.or.jp/hpomf/link5.html より(私がお願いしたコルセットと全く同じ形ではありません)
 こちらのHPによると、ダーメンとはドイツ語で女性を表し、女性用のコルセットが医療用に進化した、とのことです。男性優位主義の医療業界、それもヨーロッパの国なのに、めずらしいなあと思ってみたり(^^)

 もともと希望していたものも胸椎コルセットで、背中側から胸腰椎を支えるタイプでした(健康保険適用外だと後で知りましたが)。でも実際にそのコルセットを試用させていただいて分かりましたが、背中側から支えても私の身体は前へ曲がってしまいます。身体のお腹側の筋力が低下しているようです。そこで、同じコルセットを反対にしてつけてもらいました。そうすると、胸の下から下腹(骨盤)あたりまで支える形になります。それでも身体が前へ倒れてきます。

 結局、胸の上つまり鎖骨の下付近から下腹(骨盤)まで支えるタイプのものでないと、以下のヘッドマスターカラーをつけても、私の身体は前へ倒れてくるようです。でも、完全に固定する形式のコルセットをつけると、今以上に筋力が低下してしまいます。そのため、ある程度は自分自身の筋力で支えることが必要となる、軟性の「胸椎ダーメン」を作っていただくこととなりました。


 ヘッドマスターカラーは、ALS患者さんならご存じの方が多いと思われるワイヤー型カラーです。19,982円です。色はベージュにしました。サイズはSサイズになりました。医療保険上の耐用年数・・・聞くの忘れた。
 
 http://www.291-jp.com/head.htm フクイ株式会社さんのHPより

 このおねえさんの写真、もう少し何とかならないものかと見る度に思ってしまいます・・・。ちなみにサイズをMにすると、鎖骨にまともに当たってしまうので、痛みがでます。Sサイズを使い、コルセットで胸椎を支えると、鎖骨の痛みは軽減されそうです。

 とりあえずこの2つで、当面、私の体幹を支えることになりました。いつまで支えが続くのやら?!



 今日も「座イス椅子」の調整をしていました。椅子から座イスが落ちないようにヒモで括ったり、椅子の座面の先端に折り曲げたタオルを敷いて座イスと挟み、座イスの高さを少し上にしてみたり・・・。でも身体を支えるバンドはまだ準備ができていないので(座イスを使うと、コルセット/骨盤バンドでは身体を囲むための長さが足りません)、お腹にあてたクッションで身体を支えています。

 ちなみに理想は以下のような「体幹ポジショニングベルト」なのですが、購入するには高そうなので、車のシートベルトのようなものを何とか自作できないか考えてみます。これが必要となるとしたら、車椅子を導入してからかな??? 今の体幹状態だと、コルセットをしていても車椅子から転落するかもしれないからねえ。
 
 http://www.accessint.ne.jp/seating/positon/337.html アクセスインターナショナルさんのHPより



 (おまけ)試しに無調整豆乳200mlを買って、ソイミルクティを作ってみました。豆乳:お湯=1:1にして、メープルシロップを入れてみました。また、いつもミルクティに入れているように、当帰芍薬散の顆粒を溶かして飲んでみました。ミルクティに慣れているので豆乳のえぐみにちょっと違和感はありますが、飲めないことはないです。今度、スタバで飲んで、味を研究?してみようっと。ちなみに豆乳そのものにティーバッグを入れても、紅茶を抽出できませんでした。ティーバッグの表面に膜ができてしまうようです。先にお湯で紅茶を作り、その後に温めた豆乳を足さないといけないです。