構造化コーディネート研究所(cc−labo)

代表である豊田美智子の個人的なブログです。事業所のURLはhttp://cc-labo.jp/です。

甘味料と栄養補助剤探しの旅:「マービー」発見


 今日はリハでした。時間をかけて整体リハをしていただいたお陰で、腰がずいぶんラクになりました。リハのセラピストさんが私のブログを偶然に発見?され、読んでくださっているとのこと。ヘンコな私と私のブログですが、これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。

 リハの後、私が利用させてもらっている作業所の社長と仕事の打ち合わせ。甘酒のアルコール分を飛ばしたら、アミノ酸をたくさん摂取できるかも?とのご提案。上手く飛ばせるかなあ。私はアルコール喘息も持ち合わせているので、アルコールを飲んだり匂いを嗅ぐと咳または発作が出ます。なので、粕汁も食べられません--。

 そして夜に、とよダンナと一緒に買い物へ出かけました。ついでに以下の過程により少し前から探していた甘味料「マービー」を探しに、足を延ばしました。



 胃が痛くなるので白砂糖がダメだとか、アスピリン喘息でハチミツがダメだとか、何度かこのブログに書いてきました。そこで、保健師さんから巡回で栄養士さんが来られているとお聞きしたので、甘味料と栄養補助剤についてお聞きしていただきたいと思い、メモをお渡ししました。その一部が以下の図です(Excelで作成)。


 その結果、デンプンからつくられた還元麦芽糖がお勧め、商品でいえば林原さんの「マービー」あるいは浅田飴さんの「シュガーカット」がお勧めとのことでした。林原さんといえば「トレハロース」で有名ですね。スーパーで売っているとのことでしたので、早速、近所のスーパーを探してみましたが、陳列は「シュガーカット」ばかりでした。「シュガーカット」は還元麦芽糖以外の甘味料も入っているので購入を辞めておき、「マービー」を探すことにしました。ちなみに「マービー」は、『胃や小腸ではほとんど吸収されず大腸に届きます。大腸では、腸内細菌によって発酵され、各種有機酸・炭酸ガス・水などに分解されることで、体内に吸収され、エネルギー源として消費されます』とのことです(林原さんのHPより)。名称の由来は、オオムギを発芽させ、湯を加えることによってデンプンが糖化されたもの(モルト、Malt)に多く含まれることからだそうです(Wikipediaより)。



 今日、最初に出かけた某スーパーセンターでは、「トレハロース」が売っていました。でも大き過ぎて(650g入り)私の握力では持てません(トレハロースはこれ以上小さいサイズのものは製造されていないようです)。スーパーはダメかなと思い、ドラックストアに出かけることにしました。1つめのキリンさんで、液体の「マービー」を発見。でもこれも重くて(700g)私の握力では持てません。「マービー」を使ったジャムも売っていましたが、イチゴ味とブルーベリー味だったので、アスピリン喘息のある私には食べられません(ちなみにリンゴ味も製造されています)。そして2つめに出かけたトーヨーさんで、粉末300g入りの「マービー」を見つけました。

 http://www.harmonia-house.com/detail.php?iid=149 より
 摂取しても、胃は痛くなりませんでした。味はあっさりした白砂糖という感じです。ここしばらく味の濃いメープルシロップを使ってきたので、このあっさりさに慣れるまで時間がかかるかもしれません。この砂糖とすりおろしりんごを使って、ジャムを作ってみようかなと思ったりしています(私に作れるんかいな)。


 林原さんの商品の中に、同じくデンプンからつくられた粉飴を使用した、腎臓疾患等の方のための栄養補助剤(タンパク質と脂質がゼロのもの)がありました。リハDrがプリン型の食べやすい栄養補助剤があるとおっしゃっておられたのですが、このことかもしれません。

 http://www.harmonia-house.com/subindex.php?pid=7 より
 私が食べられる味は、ヨーグルト味かラ・フランス味かな? ラ・フランスも得意ではないかもしれないけれど。

 ちなみに栄養士さんは、主にクローン病の方がお使いになる「エレンタール」がいいかも?とのことでした。リハDrにお聞きしたところ、あんなまずいもの飲めないよ〜とのことでしたが・・・。



 あと、上図に書いた「米水飴」と「玄米水飴」を、通販で購入してみました。
 
 http://item.rakuten.co.jp/br-sugar/c/0000000182/
 味の方は、う〜ん穀物、という感じです。ミネラル分が豊富だからか、クセのある味です。粉末しょうがを摂取すると咳が強く出だしたので、中止することにしました。代わりに、産婦人科で処方していただいた「ツムラの23番:当帰芍薬散」の顆粒とこの水飴を、ミルクティに入れて飲んでいます。

 でも大きな難点がありました。私の握力では水飴がすくえません(--) 水飴の瓶も重くて持ち続けられません(--) 出来上がったミルクティに入れて溶かそうと思っても、なかなか溶けてくれません(--) 仕方がないから、空のコップを瓶に近づけて、掻きだして使っています。コップも瓶も私の手も水飴だらけになりますが・・・。残念ながら、今回限りで購入をあきらめます。



 そんなこんなで、甘味料は当面、メープルシロップとマービーをうまく使っていきたいと思います。以上、私以外にご興味のある方が少ない文章を、長々と失礼いたしました。