読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

構造化コーディネート研究所(cc−labo)

代表である豊田美智子の個人的なブログです。事業所のURLはhttp://cc-labo.jp/です。

2016/7/20 リンデロンMAX0.75錠(0.375mg)継続期153日目・糖質制限20日目:『民間のノウハウによる親切・丁寧で効率的・効果的な窓口』のノウハウの違い。

2016/7/20 リンデロンMAX0.75錠(0.375mg)継続期153日目・糖質制限20日目:『民間のノウハウによる親切・丁寧で効率的・効果的な窓口』のノウハウの違い。
ーーー
 
たまっていた義次兄の後見人や介護保険グループホームの契約書等の書類を整理していて、後見人の登記事項証明書の住所(義次兄の住所)を変更していないことに気づき、大阪法務局へ電話しました。すると、東京法務局へ電話してくださいとのこと。後見人の登記管理は東京一括なのですね。
 
そこで、東京法務局に電話すると、Webで変更申請の書類を引っ張り出し、必要事項を記入して捺印し、住民票を添えて郵送してくださいとのこと。到着後、1週間ぐらいで登記事項の変更が行われるそう。
 
早速、住民票を取りに、派遣会社のパ○ナが契約している『民間のノウハウによる親切・丁寧で効率的・効果的な窓口』(市役所市民課)へ行きました。住民票の申請書を書き、窓口で登記事項証明書を見せたところ、「これ、もらっておきますね」とのたまう。バカか、それ1通650円もする書類だぞ、いや、お金ではない、登記事項証明書をもらっておくという発想にびっくりしました。
 
〜*〜
 
もちろん、コピーしてくださいと頼みました。その前に、用途をこの証明書の住所変更をしたいからと伝えると、「要は住民票を発行すればいいんですよね」だって。それが『民間のノウハウによる親切・丁寧で効率的・効果的な窓口』のクチのきき方か。
 
『民間のノウハウによる親切・丁寧で効率的・効果的な窓口』へ来ると、ほんとストレスが溜まります。知識が深くないから、知恵が浅いから、ちょっとした変化球に対応できない。
 
けれど、国民年金を担当している人(お兄さんスタッフ)は少し違いました。市役所(正確には発送は年金機構で、窓口が市役所)から義次兄の障害年金現況調査が送られてきたので、その手続きに行きました。でも、あくまでも現況確認であり、住所変更の手続きではないとのこと。年金事務所へ行かずに市役所の窓口で住所変更が済ませられるわと思っていたのに、面倒だなあと思いながら帰ろうとしました。
 
〜*〜
 
すると、その窓口のお兄さんスタッフが帰途に着いた私を追いかけてきて、「豊田さん、豊田さん、ひょっとしたら住基台帳で市役所と年金事務所(年金機構)がつながっているかもしれません。つながっていたら届け出にいく必要がありません。調べてみますのでしばらくお待ちください」といってまた走り去って行きました。
 
しばらく待っていると、「つながっていました! 年金事務所へ行っていただく必要はありません。良かったです。」とのこと。この男性スタッフに住基台帳の知識がなかったら、年金事務所へ行くところでした。賢いスタッフもいるもんだと思いながら、帰路につきました。
 
しかし、市役所と年金事務所が住基台帳でつながっているということは、年金事務所からも本籍とか調べることができるわけ? できるよね、年金の手続きの時に、本籍の掲載された住民票が必要だったもんね(場合によって異なります)。住基台帳で行政機関がつながっていると便利だけれど、どこから情報が漏れ出すかもわからない。年金事務所はかつても漏洩した経験があるわけだからねえ。年金事務所を経由して、ウチが「離婚」したことになっていたりして。