構造化コーディネート研究所(cc−labo)

代表である豊田美智子の個人的なブログです。事業所のURLはhttp://cc-labo.jp/です。

2016/6/27 リンデロンMAX0.75錠(0.375mg)継続期131日目:呆れる、市役所のスタッフ!

2016/6/27 リンデロンMAX0.75錠(0.375mg)継続期131日目:呆れる、市役所のスタッフ!
ーーー
 
今日は義次兄の住所をグループホームに移すために、市役所へ行ってきました。私が住む市の市役所は、市民課の業務を大手派遣会社のパ○ナに委託しています。
 
住民票の取り寄せなどで、いままで不便や嫌な思いをしたことはありませんでした。けれど、今日は違いました。
 
まず、転居届。住民票に比べたら取扱枚数は少ないんだろうけれど、業務を忘れている。何度も何度も後ろのスタッフ(たぶん市の職員さん)に聞きに行っている。
 
おまけに、グループホーム名は「組み込み」だから括弧書きにします、とのたまう。「組み込み」の意味はなんとなくわかったけれど、わからない人がいたらどう思うだろうか。
 
加えて、本籍を覚えていないので、市役所のデータから移してもらう時に、文字を一文字ずつ移していく。まとめて***区といったように覚えて書けないの?!
 
さらに、マイナンバー通知カードかマイナンバーカードを出してくださいとのこと。持っていないと答えると、住所変更しますので持ってきてくださいとのこと。あなたにマイナンバー通知カードなんて、渡したくないわ。
 
そして、し尿・処理に転居届を見せにいった。今度は、電話(資源課:市役所と離れたところにある)をするのに、転居届を手元に持って行かず、机の上に置いたまま話をするから、なんども転居届けを見に、テーブルに来る。思わず、持って行って電話したら?って言ってしまった。
 
結局、グループホームの登録名がないとのこと。そもそもグループホームへの転居手続きなのに、一人分、ゴミが増える何ていう話、する必要がないんじゃないの? つまるところ、し尿・処理の手続きはいらないんじゃないの、転居届ご担当の方。
 
次は、障害福祉課へ。療育手帳の住所変更です。担当者の方が、番号呼び出しの操作方法がわからないようで、何度も操作を繰り返している。ようやく番号を呼ばれ、要件を伝えたところ、マニュアルをだしてきた。
 
そしてマニュアルを見たり、他の職員さんに聞いたりしながら、手続きしている。一緒にきてもらったダンナがもう仕事の時間になったので、まだですか?とお聞きしたら、ちょっと待ってくださいとな。もうしばらくお待ち下さいだろうが。
 
ようやくできた手続き。一番対応が早かったのは、最初と最後に出かけた生活保護課でした。しかし、生活保護をもらっている、キラキラの若い子持ちの女の子の多いこと。5人もみました。
 
ここまで一気に書き上げたので、誤字脱字、文章構成、おゆるしください。もう一度、読む気にならないわ。