構造化コーディネート研究所(cc−labo)

代表である豊田美智子の個人的なブログです。事業所のURLはhttp://cc-labo.jp/です。

2016/6/24 リンデロンMAX0.75錠(0.375mg)継続期128日目:脳波の検査をしてもらうことになりました。

2016/6/24 リンデロンMAX0.75錠(0.375mg)継続期128日目:脳波の検査をしてもらうことになりました。
ーーー
 
今日は慢性疲労症候群の診察でした。その時に、ナルコレプシーの気があると話をしたところ、一度、脳波をとってみることになりました。
 
ただ、もしナルコレプシーでも、この病院では薬(リタリン)を処方してもらえません。リタリンは登録している病院でしか処方をしてもらえないのです。
 
こちらの病院では、慢性疲労症候群の患者&ナルコレプシーの患者にはリタリンが効いたけれど、そうでないナルコレプシーの患者は副作用が強かったとのこと。そのため、登録するのをやめたそうです。
 
〜*〜
 
ナルコレプシーは日中の眠気にプラスして、「情動脱力発作」の存在が見られるとのこと。怒ったり、驚いたり、泣いたりした後に『強い情動の動きにより誘発される骨格筋の両側性の突然の緊張喪失で、通常の持続は数分以内、この間記憶や意識の喪失を伴わないものをいいます。』とのことです。
 
私は過集中の後、ガクンとなると話しています。でも、先日は気絶したから、この情動脱力発作には当てはまらないかもしれません。
 
ほぼ寝たきりになる前に、車を運転していて、ブレーキを踏んで、最後のひと踏みの時に眠くなって、軽いオカマ事故を起こしてしまいったことがあります。もしナルコレプシーだったら、この時から症状があったのかも。
 
〜*〜
 
ナルコレプシーと診断されたら、今の病院の近くにある登録医(女医さんだそう)からリタリンを処方してもらうことになります。
 
まあ、多分、ナルコレプシーじゃないでしょう。夜、ちゃんと眠れていないから、昼間に眠くなるんでしょう。
 
とりあえず検査してもらってきます。脳波の検査は初めてです。髪がベトベトになるとのこと。困ったなあ。