構造化コーディネート研究所(cc−labo)

代表である豊田美智子の個人的なブログです。事業所のURLはhttp://cc-labo.jp/です。

2016/6/10 リンデロンMAX0.75錠(0.375mg)継続期114日目:新たな決戦の始まりです。

2016/6/10 リンデロンMAX0.75錠(0.375mg)継続期114日目:新たな決戦の始まりです。
ーーー
 
朝っぱらから決戦の続きです。今朝、義次兄のケアマネさんからお電話をいただきました。それ以前にケータイメールで状況をやりとりしていました。電話でも、ダンナが入所日を遅らせたいと言っている旨を伝えました。
 
それは施設側が決めることであって、こちらでは決められませんよね〜と話をしていたら、まだ家にいたダンナが、電話を変われと言います。そのため電話を渡したところ、「そんな急に入れと言われても、家族は心の準備ができていない。モノじゃないんだから、人間なんだから、もう少し余裕がほしい」と(半分泣きながら)ケアマネさんに言いました。
 
横で聞いていて、呆れてしまいました。その後、私と電話を変わり、ケアマネさんが「私が13日と決めた(先方の提案にそのまま答えた)ことに対して、拗ねているだけですよ」とおっしゃってくださいました。
 
〜*〜
 
明日、グループホームに入所の説明をダンナと私が聞きに行きます。その時に、ダンナは入所を遅らせてほしいと言うつもりのようです。もう呆れ果てて、何も言う気になれません。そんなこと言って、入所を断られても知らないよ。
 
ちょうどバトルの後に、20日前に面談したグループホームから面談の結果がきました。「総合的に判断して」今回はご希望に添えませんだそうな。ちなみにダメだった理由は何なのですか?と聞いたところ、「総合的に判断して」だそうです。やっぱりダメだわ、この施設。お断りされてよかったです。
 
これで、いま受け入れをしてくださろうとしているグループホームに心置きなく入所できます。ここまで何とかこじつけだんだから、もう何も文句は言わないで、と思っております。
 
ーーー
 
今日は慢性疲労症候群の診察の日でした。血液検査の結果、フェリチン(内臓内の鉄分:むずむず脚症候群なら値が下がる)には異常はありませんでしたら、Fe(鉄:血管内の鉄分)が少し低いことがわかりました。でも鉄剤はまだ飲まなくてもいけそうです。
 
白血球はステロイドを飲んでいるから高い値でした。CRP(炎症反応)も少し高かったです。これも膠原病の強さを示す値です。これらにホッとしていたら、何と、初めて肝臓の数値(GPT、GOT)共に上がっているではありませんか。
 
Dr.から、これはダイエットするしかないね、とのこと。あー、一番辛い言葉だ。。ステロイドの副作用で太ったのですが、今もまだステロイドを少量飲んでいます。さて、どうやって痩せようかな。とりあえず食の回数を減らそうと思い、置き換えとしてウィダーを購入しました。ウィダーで痩せられるか?! 新たな決戦の始まり。辛いなあ。。