構造化コーディネート研究所(cc−labo)

代表である豊田美智子の個人的なブログです。事業所のURLはhttp://cc-labo.jp/です。

2016/6/5 リンデロンMAX0.75錠(0.375mg)継続期109日目:付加価値つけようよ。

2016/6/5 リンデロンMAX0.75錠(0.375mg)継続期109日目:付加価値つけようよ。
ーーー
 
身体が痛いです。どうやら夜行バス・新幹線での姿勢保持が原因のようです。バスよりも、新幹線の方が辛かったです。バスは3列シートだったので隣を気にせず姿勢を変えられましたが、新幹線は隣との距離が狭く、リクライニングもあまり倒せなかったので、名古屋あたりから身体が痛み始めました。
 
今日は勉強するぞ、と思っていたのですが、姿勢を保つのが辛く、座っていてもすぐに横になってしまいます。集中力がなく、頭が回転しません。うーん、困ったな。昨日の講座のおかげで気持ちは上がっているのに、身体がいうことをききません。
 
昨日お世話になった先生に、お礼のメールをお送りしました。今朝、お返事をいただき、never give upと書いてくださりました。私は来年の合格を見据えながら、一次試験同様、今年は模擬試験として捉えています。無理せずがんばります。
 
〜*〜
 
昨日は東京と大阪の差を感じた1日でした。特に印象に残ったのが、タクシー料金です。初乗り730円! ウチのダンナ(介護タクシー)は小型で初乗り620円です。今度、中型車に変えますが、それでも680円です。680円の事業者は、私の住む市にはいらっしゃいません。みんな初乗料金はバラバラです。安い方は小型で580円で仕事をしておられます。大阪市内になると、500円という事業者もいらっしゃいます。
 
また、大阪では5千円超分5割引ですが、東京では9千円超1割引です。ネットで調べたところ、名古屋だと5千円超1割引きのサービスが多いそうです。ネットによると、大阪で最初にこの仕組みを導入したタクシー会社は、当初は売上増につながったが、今は他社も同じ仕組みなので、売上増につながっていないとのこと。
 
大阪のタクシーが安いとは知っていましたが、実際に初乗り700円以上するタクシーに乗ってみて、改めて大阪のダメさが気になりました。加えて、早ければ東京は12月から東京都23区内等が、約1km当たりで410円程度になるとの見通しです。ちなみに、東京のタクシー運転手の平均年間収入は500万円ですが、大阪は300万円しかありません。
 
〜*〜
 
大阪って、すぐにモノの値段を安くしてお客さんをさらおうとしますよね。付加価値をつけて差別化する方法を考えない方が多いように思います。安くすればそりゃお客さんは飛びつきますが、自分で自分の首を絞めて、後で後悔する商売の仕方をしている方をよく見かけます。
 
私は技術士二次試験を経営工学部門サービスマネジメント専攻で受験しますが、大阪でサービスというと、いくら負けてくれるかと言う話になります。これは大阪だけではないのかもしれませんが、いかに安くモノを買ったかが、自慢話のひとつになっています。
 
私は買い物に行っても、値引き交渉することはほとんどありません。その代わりに、担当の営業マンを持つようにしています。そして、その方とできるだけ長い付き合いができるようにしていきます。その方が、後々お得になるからです。
 
ーーー
 
東京にヒト・モノ・カネ・ノウハウがなぜ集まるか、久しぶりに東京に行ってみて、改めて良くわかりました。大阪を客観的にみると、先ほども書いたように、自分で自分の首を絞める商売をしている方が多いように思えます。大阪よ、もっと付加価値で勝負しようよ。東京に負けないように、せめて追いつくようにがんばろうよ。