構造化コーディネート研究所(cc−labo)

代表である豊田美智子の個人的なブログです。事業所のURLはhttp://cc-labo.jp/です。

2016/5/30 リンデロンMAX0.75錠(0.375mg)継続期103日目:「常識だよ、常識!」

2016/5/30 リンデロンMAX0.75錠(0.375mg)継続期103日目:「常識だよ、常識!」
ーーー
 
先週の金曜日に書いたように、慢性疲労症候群を診てもらっている精神科のDr.に、「薬剤性パーキンソン症候群」と「むずむず脚症候群」の薬を処方してもらいました。それぞれ、「アキネトン」と「ガバペン」という薬です。
 
処方箋をもって、近所の調剤薬局さんに出かけました。「アキネトン」は在庫があったので金曜日にいただくことができましたが、「ガバペン」は在庫がなかったので今日まで待ちました。
 
これらの薬で「薬剤性パーキンソン症候群」と「むずむず脚症候群」の効きめを確かめたところ、3:7くらいの割合になりました。「アキネトン」は”ほんのり”と効きました。「ガバペン」は”あっさり”と効きました。明日は両方一緒に飲んでみます。
 
ーーー
 
技術士のお知り合いの方に、昨年の試験の問題に出てきた”木質バイオマス発電”の論文で悩んでいると伝えました。問題を見てもらったところ、火力発電の仕組みを知っていれば解けるとおっしゃいました。
 
私は火力発電の仕組みをよく知りません。ネットで画像検索(下にあります)して仕組みの図を見ましたが、タービンから出てきた水を海水で冷やして再度使っている理由が分かりませんでした。
 
すると、「常識だよ、常識!」、「それぐらい知っておかないと技術屋とは言えないよ」、「もっと勉強しろよ」等々の言葉をいただきました。
 
〜*〜
 
はい、私は技術屋ではありません。でも、事務屋でもありません。中途半端な立ち位置にいます。
 
仕事も中途半端な立ち位置にいます。専門を縦軸と考えると、私の専門は、小売業・サービス業のマーチャンダイジングとなります。でもそれ以上に専門なのは、横軸をコーディネートすることなんです。
 
技術士に合格したら、PMO(プロジェクトマネジメントオフィス:組織内における個々のプロジェクトマネジメントの支援を横断的に行う部門や構造システム)と掲げようかな。
 
ーーー
 
自分の専門を訴えていくのは、難しいことですね。コーディネーターより、PMOの方が伝わりやすいかな? 技術士の試験が終わったら再度、考えてみようっと。
img_sekitan