読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

構造化コーディネート研究所(cc−labo)

代表である豊田美智子の個人的なブログです。事業所のURLはhttp://cc-labo.jp/です。

2016/5/26 リンデロンMAX0.75錠(0.375mg)継続期99日目:「むずむず脚症候群」かも。

2016/5/26 リンデロンMAX0.75錠(0.375mg)継続期99日目:「むずむず脚症候群」かも。
ーーー
 
2ヶ月ぶりに、産婦人科の診察を受けてきました。HRT治療(女性ホルモン補充治療)は、エストロゲンを飲み薬から貼り薬に変えてもらったことで、視力低下や不正出血の副作用が治りました。
 
貼り薬は1枚のシールを2日間に渡り使用するのですが、間違って毎日貼ってしまったり、逆に貼るのを忘れたりしています。今日からはプロゲステロンの飲み薬も始めないといけないのに、忘れていました。ええかげんな私には苦手な治療法です。
 
何とか治療を続けていけそうだとのことで、次回は3ヶ月後の診察となりました。このまま月経痛と更年期障害の予防が上手くいくことを願っています。
 
ーーー
 
夜中(睡眠中)に足を蹴ったり、膝で布団を蹴り上げたりするようになりました。また、脚が落ち着かず、ベッドの上でごそごそしています。何だこの症状、と思って調べていると、「むずむず脚(あし)症候群」にたどり着きました。「むずむず脚症候群」は、以下の4つの特徴を持っています。
 
*脚の不快な感覚と、脚を動かしたいという強い欲求がある
*じっとしている時に症状があらわれる、または強まる
*脚を動かすことで症状が軽くなる、または消える
*夕方から夜にかけて症状があらわれる、または強まる
 
すべての特徴に、今の私は当てはまります。チックの症状が、「むずむず脚症候群」に変わってきたのかもしれません。明日、慢性疲労症候群の診察で精神科に行きますので、Dr.に聞いてみようと思います。
 
ーーー
 
上の2つの話題、どちらも病気の話になってしまいました。今日は仕事で、調剤薬局さんと介護サービスについて話をしていました。私がかつてほぼ寝たきりの生活をしていた時に、あればいいなと思ったサービスについて話をしました。
 
ほぼ寝たきりで生活をしていた時に困ったのは、例えばヘルパーさんに食事を作ってもらうのはいいけれど、自分の分しかつくってもらえなかったことです。つまり、ダンナのごはんは作ってもらうことができません。当たり前といえば当たり前なのでしょうけれど、家族のごはんを心配しないといけないのは辛かったです。
 
他にも、介護系のケアマネさんと看護系(医療系)のケアマネさんの違いに困りました。私は医療が必要な病気だったので、最初にお願いした介護系のケアマネさんには分からないことが多々あり、途中で看護系のケアマネさんに変えました。
 
〜*〜
 
調剤薬局さんとは、看護系のケアマネさんを雇い、ケアプラン作成が半分と、介護保険外のサービスやその他サービスのコーディネートを担ってもらいたいですねと言う話になりました。実現すれば、面白そうなんだけれどなあ。