読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

構造化コーディネート研究所(cc−labo)

代表である豊田美智子の個人的なブログです。事業所のURLはhttp://cc-labo.jp/です。

2016/5/8 リンデロンMAX0.75錠(0.375mg)継続期81日目:舐められちゃったみたい。

2016/5/8 リンデロンMAX0.75錠(0.375mg)継続期81日目:舐められちゃったみたい。
ーーー
 
私は今まで、通院している各病院の門前薬局にて、薬をもらっていました。けれど昨年、膠原病を発症してから、ウチの近隣にある調剤薬局で全ての薬を受け取ることにしました。
 
処方箋を病院または家からFAXしておけば後は取りに行くだけで良いので楽だし、近隣にいくつかある薬局の中でも、サービスの良いところなので利用を続けています。
 
また、こちらの調剤薬局さんは、昨年度のとある補助金に申請され、採択されました。Webページの作成、パンフレットの作成、そして調査事業をされました。
 
〜*〜
 
昨年の補助金事業を実施された時に、調査事業のまとめがうまく進まくなってきたことから、私が有償で調査結果のまとめをすることとなりました。
 
そして今年も、同じ補助金に応募されます。また異なる調査事業が入っているのですが、今年は初めから私がお手伝いすることとなりました。
 
ところが先日、計画書を拝見すると、私への報酬が当初の予定金額の半分の金額になっています。あれ?と思い、社長に聞いてみると、自己負担額を減らしたいからとのこと。
 
〜*〜
 
その計画書の中には、パンフレット&チラシを作るためのデザイン代が計上されていました。その金額は、私の4倍です。この部分の金額を減らせないのですか?とお聞きしたところ、デザイナーさんへの報酬は削れないとのこと。でも私は削れるんです。
 
今回の調査は、健康飲料の試作品を作り、それを高齢者に飲んでみた感想をまとめるものです。その試作品作りをするために、実験として、とある農業女性グループの皆さんと一緒に、試作品を作っています。
 
これまでに2回、試作品作りをしました。その材料は私が持ち込んだのですが、社長はそれが当たり前と感じられたのか、費用の負担を言い出してくださいませんでした。
 
〜*〜
 
どうやら私は、舐められちゃったようです。調査費用が下がった分、社長の負担を大きくしてくださいねとは言ってきました。でも、デザイナーさんの費用が下げられなくて、私の費用は下げられるんですねとは言えませんでした。
 
こちらのデザイナーさんは、薬局の創業以来、デザインを格安で請け負っておられます。デザイン力も高いです。デザイナーさんの方が、コンサルタントになっているような感じです。
 
デザイナーさんとは長年の歴史があるから、最近になって関わり始めた私、それも行政の無料相談で出会った私ですから、立場を強くするのは難しいです。だからといって、調剤してもらうのを辞めるとはいえません。近くにしっかりしている調剤薬局さんが他にないからです。
 
〜*〜
 
舐められるからには、理由があるんでしょうね。自分のイメージづけが悪いんだと思います。できるだけ行政の無料施策を活用した形で小規模事業者さんを応援しているから、無料のコンサルタントという位置付けなんですよね。
 
加えて私は自分のことをコンサルタントではなくコーディネーターだと思って活動しているので、コンサルタントの雰囲気が出ていないんですよね。だから舐められちゃう。
 
コーディネーターとしての職能を確立し、舐められないようにしていくための方策を考えないといけないなあ。