構造化コーディネート研究所(cc−labo)

代表である豊田美智子の個人的なブログです。事業所のURLはhttp://cc-labo.jp/です。

2016/3/28 リンデロンMAX0.75錠(0.375mg)継続期40日目:ロマンチックじゃなくて、チックが止まらない〜♫

2016/3/28 リンデロンMAX0.75錠(0.375mg)継続期40日目:ロマンチックじゃなくて、チックが止まらない〜♫
ーーー
 
今日は義長兄の診察日でした。今日は私のことを覚えていてくれ、みっちゃん、みっちゃんとご機嫌でした。反対に、義長兄は疲れきって、うつっぽい状態でした。
 
診察に入っても、義長兄からは何も話をしません。私から、食欲がないのは薬の影響があるかどうか(お返事:薬の影響ではない。本人の意欲の問題)、外出すると血圧が高くなるので降圧剤などを服用した方が良いか(お返事:内科で診察を受けてほしい)と聞きました。
 
義長兄は時折、うつっぽい状態に陥ります。義次兄が今日は家と外で何故こんなにも違うのか、そろそろ(グループホームを)考えないといけないのか・・・とぼやいていました。自分が一番、義次兄の血圧のことを気にしていたのに、それも普段から高いからといって、気にしない(内科に行かない)ということになりました。
 
ーーー
 
そういう私もうつっぽい状態に陥っています。昔に流行った、CCBのロマンチックが止まらない♬じゃないけれど、チックが止まらない♫症状に陥っています。
 
チックとは、自分の意思とは関係なく、突発的・不規則に体の一部が一定の動作を繰り返してしまう障害です。私は子どもの頃、いじめられていたのをきっかけに発症しました。当時は首振りでした。
 
通常は大人になったらなくなるのですが、大学生になってから腕振りが始まりました。一緒に卒業研究をしていた男の子に気づかれ、恥ずかしい思いをしました。
 
〜*〜
 
そしていまは、足首を蹴る運動が止まりません。仕事をしている時は止まるのですが、技術士の勉強を始めると運動が強くなります。
 
今日、論文を見ていたただいている方とスカイプで話をしました。話をしている1時間ずっと、足首だけでなく、脚全体が動いていました。
 
コーチング方式で教えられるこの方は、「なぜですか」「どうしてですか」と何度も聞いてこられます。その度にチックの症状は強くなり、スカイプが終わった頃には起きていられない程、疲れていました。
 
ーーー
 
お腹が空くこともストレスになっています。いや逆に、ストレスを解消するために食べたくなるのかもしれません。太ったり眠れなかったりしないのであれば、もっと自由に食べたいです。あ〜、お腹空いたなあ。(-_-)