構造化コーディネート研究所(cc−labo)

代表である豊田美智子の個人的なブログです。事業所のURLはhttp://cc-labo.jp/です。

2016/3/22 リンデロンMAX0.75錠(0.375mg)継続期34日目:サービス担当者会議に出席しました。

2016/3/22 リンデロンMAX0.75錠(0.375mg)継続期34日目:サービス担当者会議に出席しました。
ーーー
 
体調の良くない義長兄に変わり、ショートステイ先で開かれた義次兄のサービス担当者会議に、私が出席してきました。ケアマネさん、デイサービス、ショートステイ、ヘルパー事業所のそれぞれの管理者さん、そして義次兄本人です。
 
義次兄は酔っぱらいかのようにご機嫌さんでした。認知症知的障害ですが、自分の話をされていることは分かっているので、キャッキャ・キャッキャしています。
 
私は提案として、現在月1回の二泊三日のショートステイを、月2回にしてもらいたいと述べました。また、ショートステイの時の送り出しもお願いしたいと依頼しました。
 
〜*〜
 
みなさん、義次兄が家ではもっと大人しい、あまり笑ったりしないと話すと、何度その話を聞いても嘘みたいだわと驚かれます。それ位、家と外での落差があります。
 
義長兄も、義次兄がデイサービスやショートステイでニコニコと楽しそうにしているということを、なかなか信じられないでいます。今度、ショートステイ先での義次兄の様子を動画で撮ってこようかなと思っています。
 
グループホームも、あちこちに申込書を出しておくことにしました。今日のショートステイ先にもグループホームがあるので、申込書をもらってきました。「戦争法反対!!」と書かれたポスターやのぼりが並んでいるのがちょっと難点ですが・・・(共産系の病院・施設です)。
 
〜*〜
 
義次兄に社会性のあるところで暮らしてほしい・・・これが私の理想です。今なら何も分からない訳じゃないから、今の状態でグループホームに入ってほしいです。
 
ケアマネさんは、1週間お試しをしてそのまま入居される方が多いよ、とおっしゃっておられました。同じようにうまく行けばいいのですが、家族介護にこだわっている義長兄は、なかなか施設への入居には踏み切れないでしょう。
 
義次兄の身体が元気なうちに、入居してもらいたい。身体が悪くなると、認知症だけでなく、身体介護が必要になります。そうなるまえに、グループホームに入ってほしいなあ。。