構造化コーディネート研究所(cc−labo)

代表である豊田美智子の個人的なブログです。事業所のURLはhttp://cc-labo.jp/です。

2016/3/4 リンデロンMAX0.75錠(0.375mg)継続期16日目:「遊星機」の意味がようやく分かりました。

2016/3/4 リンデロンMAX0.75錠(0.375mg)継続期16日目:「遊星機」の意味がようやく分かりました。
ーーー
 
今日は補助金の審査会の仕事でした。この審査会に応募されてくる方の多くがものづくりをしておられる方なのですが、私はものづくりに精通している訳ではありません。
 
けれど補助金を申し込まれた方は、私(達)のことをすでに自分たちの技術を知っているものとしてプレゼンをされます。おいおい、少なくとも私はすべての技術を知っている訳ではないぞ。
 
複数年継続して補助金を受けるための継続審査なので、今年度の始めにも同じ方からプレゼンを聞いています。
 
〜*〜
 
そんな中、『遊星機・・・・・』というタイトルがついた案件がありました。遊星機ってなんじゃい、と思いながら話を聞いていました。今年度始めの審査のプレゼンは、遊星機というものを分かっていることを前提に話が進みました。
 
前回も一応調べて行きましたが、正式名称が「遊星歯車機構」とは分かりましたが、技術の内容はいまいちよく分かりませんでした。でも今日のプレゼンを聞いていると、あ、遊星機って遊園地の遊具のコーヒーカップを想像すれば良いんだなということが分かりました。
 
技術のプレゼンをされる時は、その技術の原理原則を最初に少し話してもらったら分かりやすいんだけれどなあ。補助金の審査は誰がプレゼンを聞いているか分からないんだから、誰にでも分かりやすいプレゼンをして欲しいです。
 
ーーー
 
昨日の診察で出していただいた処方箋を調剤薬局にFAXしておき、今日、薬を取りに行ってきました。薬剤師さんとリンデロンが増えたという話をしていたのですが、お医者さんはどのように飲み方の指導をされているのですか?と質問を受けました。
 
自己管理ですと答えたところ、薬剤師さんはとっても驚かれていました。ステロイドって、ふつうは医師の管理の元で服用するものですから、驚かれるのも無理ないと思います。
 
私を診てもらっているDr.は、良く言えば私を信用してくださっており、悪く言えば良く分からんから自由にして、というタイプの方です。抗生剤のアナフィラキシーで入院した時も、薬は自己管理でした。症状に波があるので、自己管理するのがDr.にとっても私にとっても良いことなのかもしれません。
 
ーーー
 
明日は確定申告作業をがんばります。人様には月次決算をしましょうといいいつつ、私は申告時期に一年分の処理をしています。偉そうなことは言えません。^^