構造化コーディネート研究所(cc−labo)

代表である豊田美智子の個人的なブログです。事業所のURLはhttp://cc-labo.jp/です。

2016/2/16 リンデロン0.25錠(0.125mg)継続期12日目(追加0.5錠):「ピープルウエア」

2016/2/16 リンデロン0.25錠(0.125mg)継続期12日目(追加0.5錠):「ピープルウエア」
ーーー
 
身体の痛みが今日も続いています。リンデロンが切れた頃に脇腹から痛みが出始め、リンデロンを飲まずに放っておくと体幹と近位筋(二の腕、太もも)が痛んできます。
 
リンデロンを増やしたために、せっかく少しマシになった副作用のムーンフェイスがまた元に戻ってしまい、再度、二重あごになりました。がっくり。
 
ステロイドはほんと微調整が難しいですね。今週木曜日の診察では、また0.5錠に戻るかもしれません。あー、いつになったらステロイド&副作用とお別れできるのか。。
 
ーーー
 
技術士の過去問(経営工学部門サービスマネジメント専攻)に、「プロジェクトのスケジュールに遅延が発生した場合の対策等」についての設問があります。調べてみると、プロジェクトマネジメントを体系的に綴ったPMBOK(ピンボック)に、以下の2つが掲載されていました。
 
*クラッシング:ある工程に割当するリソースを増やすことでスケジュールを短縮する方法。最少の努力で最大のパフォーマンスをあげる手法である。
*ファストトラッキング:本来は順番に進めていくべき作業を、先行作業が完了する前に後続作業を進めることで、スケジュールを短縮させる方法である。
 
論文を見ていただいている方にこの2つを書いて提出したところ、もう1つ何かないかと問われ、いろいろ探しているうちに「ピープルウエア」という言葉に出会いました。
 
〜*〜
 
IT用語の1つのようですが、ITに弱い私は(ついでに日経新聞を読んでいない私は)初めて聞いた言葉です。ITのお仕事をされている方は、この言葉を良く使われるのでしょうか?
 
ピープルウエアについて、WIkiでは「 ハードウェア、ソフトウェアと共に、コンピュータ技術の三つの中心的な側面の一つを表す用語である。ピープルウェアとは、ソフトウェア・ハードウェアシステムの開発、使用に際する人間の役割、関連したいかなるものも指す。たとえば、開発者の生産性、チームワーク、集団力学、プログラミングの心理学、プロジェクト管理、組織上の要素、ヒューマンインターフェイスの設計、人間と機械の相互作用、などである」と書かれています。
 
どうやら、社会学から来た言葉のようですね。工学を問う技術士試験に社会学的用語を入れて通じるかどうかわかりませんが、この言葉を付け加えて、論文を見ていただいている方のお返事をお待ちしたいと思います。またダメ出しかなあ。