構造化コーディネート研究所(cc−labo)

代表である豊田美智子の個人的なブログです。事業所のURLはhttp://cc-labo.jp/です。

2016/2/5 リンデロン0.25錠(0.125mg)継続期1日目:「今日から晩ご飯を抜きましょう」

2016/2/5 リンデロン0.25錠(0.125mg)継続期1日目:「今日から晩ご飯を抜きましょう」
ーーー
昨日は午後から膠原病・アレルギーの診察でした。リンデロン0.5錠の継続が48日を迎え、その間、数回しか追加で服用していないので、これはもう少し減らせるのではないかと思い、Dr.にお願いしてみたところ、「減らしてみよか〜」とのお返事をいただきました。やったー、今日から0.25錠(0.125mg:一般的なステロイドであるプレドニン換算で1.25mg)の服用だぞー。身体の痛みがでないことを願います。
 
〜*〜
 
上述のDr.に、いま私が風邪で朝に喉が腫れて声が出なくなるので、喉にかけるスプレーのようなものがないかと聞いてみました。よく分からないから、薬剤名を教えてくれたら処方するとのことでした。そこで、耳鼻咽喉科を受診することにしました。
 
最初に行った耳鼻咽喉科は、なんと3時間30分待ちといわれ、やめておきますと言って帰りました。次に行ったところは1時間待ちだったので受診することにしました。鼻水もズルズルしているので、そちらも診てもらうことにしました。
 
診察の結果、鼻水はかなり風邪状態になっているとのこと。喉は少し腫れているとのことでした。でも朝に腫れるのなら、何らかの薬でそれを軽減した方がいいけれど、喉に塗るスプレーは市販薬しかないとのこと。また、購入しても、アルコール&抗生剤アレルギーの私には使えないかもしれないとのこと。そこで、抗生剤の入っていないトローチを処方してもらうことにしました。
 
〜*〜
 
今日は慢性疲労症候群(筋痛性脳脊髄炎)の診察日でした。いつも通り、2時間待ちでした。これでも短かった方です。朝、目覚めるのだけれど、眠気が抜けず、二度寝してしまうという話をしました。
 
それは睡眠のリズム(深さ)が前に来ず、後ろに来ているから、朝すっきり起きられないということで、眠剤マイスリーをルネスタという先生曰く「スコーンと眠れる」薬に変え、前に睡眠のリズム(深さ)が来るように調整することにしました。ロゼレムや向精神薬(副作用を利用して眠る)はそのままです。
 
そして、夜に興奮しないようにするため、「今日から晩ご飯を抜きましょう」というお言葉をいただきました。夜に食事をすると興奮して眠りが遅くなったり、眠りにくくなるので、食事をせず、興奮していない状態を作り出すということになりました。食事を作ってそのまま食べられないというのは悲しいですが、ウイダー蒟蒻畑で夜を過ごそうと思います。
 
ーーー
 
私はもともと夜型だから、夜中に勉強することが多かったです。眠りのリズムを作るために、これからは朝方に変えていかないといけません。睡眠のリズムを作っても、朝に難しい専門書などを読むと、また二度寝してしまうかもしれません・・・。