構造化コーディネート研究所(cc−labo)

代表である豊田美智子の個人的なブログです。事業所のURLはhttp://cc-labo.jp/です。

2016/1/23 リンデロン0.5錠(0.25mg)継続期36日目:約10年ぶりにカレーを作りました。

2016/1/23 リンデロン0.5錠(0.25mg)継続期36日目:約10年ぶりにカレーを作りました。 ーーー 約10年前、風邪をこじらせて肺炎を起こしました。片側肺炎なら自宅療養でもいいけれど、両側肺炎なので入院して下さいと近隣の中規模病院のDr.から言われ、初めて入院生活を送ることになりました。

GW中だったので先生もお休みしておられ、なんとも退屈な入院生活でした。暖かい日が続いていたので、ベランダ(洗濯物干場)に腰掛けて、本を読んだりしておりました。

入院後直ぐの検査で、私が喘息持ちであるということが分かりました。親に聞くと、子どもの頃からゼーゼーいっていたとのこと。おいおい。入院中に、ステロイド吸入・気管支拡張剤吸入の仕方を教えてもらい、入院中も退院後も毎日、吸入をしておりました。ステロイドの錠剤も服用しました。この時が、ステロイドとの初めての出会いでした。

〜*〜

そんなある日、頭痛・月経痛のため、おやつのように飲んでいた鎮痛剤を、いつもの通り飲みました。飲んだ後すぐに、激しい喘息発作に襲われました。慌てて気管支拡張剤の吸入を何度も吸い、発作が少し治まったところで病院に駆け込みました。

Dr.に上記の出来事を話すと、「あ〜あ。残念やね。それ、アスピリン喘息っていって、治らない喘息やねん。もうこれからは鎮痛剤も風邪薬も飲めないからね」とのこと。鎮痛剤がないと生きていけない私は、どうしたらいんですか、とDr.に聞きまくっていました。

その後、ほんの数ヶ月で、他のいろいろな喘息が出始めました。まずはアルコール喘息。アルコールを飲むのはもちろん、臭いだけでもだめです。粕汁も飲めません。注射のアルコール消毒もダメです。そして、アスピリン喘息の連続性で、アスピリンを含む非ステロイド鎮痛消炎剤(NSAIDs)と良く似た物質を含むもの、例えばハーブやトマト、そして『黄色4号』の着色剤などがダメになりました。

〜*〜

前置きが長くなりましたが、この『黄色4号』のお陰で、カレーが食べられなくなりました。市販のカレールーには、当時は『黄色4号』が含まれていたのです。おまけにスパイスでも喘息発作が出るようになってしまっていたので、カレー粉からカレーを作ることも出来ませんでした。

しかし、最近のカレーには、ルーもレトルトも『黄色4号』が含まれておらず、恐らく代わりにカラメルソースが含まれるようになりました。そこで先日、レトルトカレーを食べてみて大丈夫だったのを知り、今日、約10年ぶりにカレールーを使ってカレーを作りました。

夜はお米を控えているので、ルーだけ食べました。久しぶりの味、美味しかったです。カレーの味も進化していますね。明日の昼に、ご飯と一緒に食べたいと思います。楽しみだー。

ーーー

ちなみに、今は鎮痛剤の代わりに、「セレコックス」という、NSAIDsの欠点である胃痛を起こす成分を抜いた薬がアスピリン喘息でも飲めるため、こちらを服用しています。でもあまり効いてくれません。(-_-)

月経痛は子宮内膜症が原因であることが分かり、また、子宮内膜症が起因の月経痛の緩和に抗アレルギー薬の「ロイコトリエン拮抗薬」(私は「シングレア」という薬)が有効であると分かり、今はこの薬で痛みを凌いでいます。