構造化コーディネート研究所(cc−labo)

代表である豊田美智子の個人的なブログです。事業所のURLはhttp://cc-labo.jp/です。

2016/1/15 リンデロン0.5錠(0.25mg)継続期28日目:家庭裁判所に行ってきました。

2016/1/15 リンデロン0.5錠(0.25mg)継続期28日目:家庭裁判所に行ってきました。 ーーー 谷町4丁目駅近くにある大阪家庭裁判所(画像上)へ、成年後見制度(成年後見制度は後見、保佐、補助の3つあります。その中の後見が「後見人」のことです。)の資料をいただきに出かけてきました。脚の筋肉が減っているので、谷町の坂を上がるのに一苦労しました。

資料をいただいた後、ビデオを見て行くか?と聞かれたので、Youtubeでみましたと答えました。以前に動画を貼り付けしましたが、以下がその動画のサイトです。 http://www.courts.go.jp/video/seinen_kouken_video/index.html

ちなみに成年後見制度は、こちらの家庭裁判所と、堺支部、岸和田支部の3つがそれぞれの管轄を持っているので、出かける際は、ご自分の管轄をご確認ください。なぜ泉州地域・南河内地域だけが支部になっているのか分かりません。成年後見制度を利用される方が多いのかな? http://www.courts.go.jp/osaka/vcms_lf/ofc4015.pdf

〜*〜

まー、揃える書類の多いこと。画像下にその一覧を写しましたが、文字が見えないくらい書類が多いです。これ、全部揃えるのにどれだけの時間がかかるかなあ。。随分、時間を取られそうです。ちなみに書類を提出する際には、電話予約が必要です。

気になる費用は、 *収入印紙 800円分 *収入印紙(登記用)2600円分 *郵便切手 3880円分 *鑑定料相当額 10万円・・・いらない場合もある。

鑑定料?なにそれ?と思われた方もいらっしゃるかもしれません。本人が成年後見制度を本当に必要とするかを調べるためのものです。もし書類上で鑑定が不必要とされれば、鑑定料は必要ありません。でも一応、「金10万円をご用意ください」と書いてあります。義次兄の場合、鑑定はいらないと思うのですが、少ない預金から10万円おろして、書類の持参時に持っていきます。必要っていわれたらどうしよう。Amazonの支払い、今月8万円もあるんだけど。。

ーーー

裁判所に初めて入りましたが、談話室で話をされていたのは弁護士さんかなあ〜なんて思っていました。でも、若い女性が多々いらっしゃるのです。ひょっとして離婚訴訟?と思ったりもしました。

小さそうな裁判室を通って後見制度の部署に行きました。裁判室は覗けなかったけれど、館内の案内などから見て、少年の裁判などが行われているようです。

技術士が終わったら、弁護士を目指そう! 思いっきりウソです。私に法律は向いていません。^^

ーーー

あ、今また「北京整形学院」から私のブログにスパムコメントがきました。「diet pill」のお勧めだそうです。ほんま難儀やなあ。

IMG_0242

IMG_0245