構造化コーディネート研究所(cc−labo)

代表である豊田美智子の個人的なブログです。事業所のURLはhttp://cc-labo.jp/です。

2016/1/7 リンデロン0.5錠(0.25mg)継続期20日目(追加0.5錠):家庭裁判所に出頭します?!

2016/1/7 リンデロン0.5錠(0.25mg)継続期20日目(追加0.5錠):家庭裁判所に出頭します?! ーーー 今日は午前中に弁護士さんと、午後は病院で膠原病・アレルギーのDr.に会ってきました。弁護士さんとは昨年に亡くなった叔母の相続の件でご相談させていただいてきました。

亡叔母には、亡叔父(再婚)名義の不動産(自宅)と、わずかながらの本人名義の貯金があります。このうち貯金の方は、叔母の姪が相続になります。

この相続人の中に、ウチの義兄弟が入ります。しかし、義長兄・義次兄は生活保護を受けているので、相続しない予定です。相続する・しないに関わらず、重度知的障害&重度認知症の義次兄には、後見人が必要となります。

〜*〜

この後見人に、私が就くことになりました。義長兄は精神・発達障害者であることと生活保護を受けていること、そして他の義兄弟には後見人は向いていないことから、私が適任だろうと私自身で判断し、引き受けることにしました。

明日、家庭裁判所に手続きの第一歩として出かけてきます。始めてだなあ〜、裁判所に行くのは。どんなところなのかなあ。ドキドキ?しています。

ちなみに、成年後見制度について、以下のような動画があります。これで予習しました。明日はとりあえず、何も持参せず、お話を聞いてきます。 https://youtu.be/pHO07FPdATw

〜*〜

膠原病・アレルギーの病院の方は、徐々に待ち時間が増えてきており、今日は2時間待ちでした。いつもベッドで寝かせていただくのは申し訳ないと思い、談話室のソファーで寝転んでおりました。

こわばりが出るなど膠原病の症状がまだ出ているので、リンデロン0.5錠を継続しながら、頓服で0.5錠を処方していただきました。Dr.と話し合いましたが、リンデロンしかこわばりや痛みに対処できるものはありません。

何人の方かに、他の病院へ行くことをお勧めいただいています。いろいろ考えましたが、今の病院で継続して診ていただくことにしました。今の日本では膠原病の治療はステロイドが第1選択肢ですし、第2選択肢の免疫抑制剤は私の膠原病(リウマチ性多発筋痛症)には効きません。何よりも、病院ショッピングで心身ともに疲れてしまい、時間だけが過ぎていくのが辛いです。病院ショッピンングのために、慢性疲労症候群の方の症状が酷くなるのも辛いです。そんなこんなで、今のまま治療を続けます。ご心配いただき、ありがとうございました。

〜*〜

今日、病院に、未だに心付けをもらっている医師がいる、うんぬんかんぬんと書いたメモをご意見箱に入れてきました。医師を特定できないようにしたため、私の担当医とは分からないでしょうけれど、病院の事務局が医師を叱ることができるのか見物です。