構造化コーディネート研究所(cc−labo)

代表である豊田美智子の個人的なブログです。事業所のURLはhttp://cc-labo.jp/です。

リンデロン0.5錠(0.25mg)継続期1日目:リンデロン0.5錠×3日間=再燃なし!!

リンデロン0.5錠(0.25mg)継続期1日目:リンデロン0.5錠×3日間=再燃なし!! ーーー やったやった。この3日間、リンデロン0.5錠だけで過ごせました。今日からは「リンデロン0.5錠(0.25mg)継続期」としよう。これ以上は減らせないから、このままで身体の痛みが出ないこと、つまり再燃しないように願おう。CRPも前回の診察時には下がっていたので(それでもまだ正常値ではありませんが)、減量(放置プレイ)は上手くいっているのだろう。 しかし、万事が上手く行く、とはなかなかなりません。昨晩遅くから今日の夕方まで、起き上がるのも大変になってしまいました。ここのところ、毎夜、中途覚醒それも2回覚醒が続いているから、寝る前の向精神薬抗うつ剤のバランスをちょっと変えてみたところ、今度は起きられないという現象が・・・。ステロイドの調整も大変だけれど、精神薬の調整も大変です。
今日は自分の写真を貼る(実際はデジカメで取ったものを貼り付けたんだけれど)機会がありました。1年前の自分の写真です。つまり、まだ膠原病を患う前の写真です。面長の顔がそこにはありました。ダンナがその写真と今の私を見て、別人みたいと言っております。確かに別人です。でも、今のムーンフェイスの状態の写真を貼っても、やがては元に戻るのだから(多分)、前の写真を貼っておきました。面接で、写真とずいぶん違うと言う理由で、認めてもらえないかもしれないなあ。その前に、書類審査で落ちるかもしれませんが。(-_-) ーーー 技術士の合格証と得点表が届きました。来年度は変わっているかもしれない「馳 浩」文部科学大臣の名前が入った合格証です。82円で送ることが出来るサイズの合格証(小さめのA6サイズ)なので、小さ過ぎて迫力はありません。^^ 得点は自己採点と同じく、やはり3科目のうち、基礎科目と専門科目がギリギリでした。基礎科目(大学卒程度の自然科学の知識を問う科目)は15点中8点以上合格のところ9点の得点で、専門科目(経営工学)は50点中26点以上合格のところ30点でした。基礎科目は一次試験でおさらば?なのでいいのですが、専門科目は二次試験でも択一式試験として出てきます。 択一式試験は更に基準が厳しくなって、かつ択一式にパスできなければ(足切りがあります)、同日に行われる論文試験の方は採点してもらえなくなります。もう一度、おさらい、かつ、二次試験のレベルに対応しておかないといけません。 ーーー 会費をおさめている訳でもなく、何の会に出席している訳でもないのに、大学時代の同窓誌(会報)が時々送られてきます。ちらっと見てみたところ、懐かしいお名前が。私たちの時には助手だった先生(加藤容子さん←関係者の方、覚えておられますか?)が、バイオサイエンス学科の学科長になられておりました。あのピンク色のエノキダケを作っていた?先生(種坂英次先生←関係者の方、あの種坂くんですよ)を超えちゃいましたね〜。ここでも「女性活躍政策」、女性の重役をふやせ、なのか?!