構造化コーディネート研究所(cc−labo)

代表である豊田美智子の個人的なブログです。事業所のURLはhttp://cc-labo.jp/です。

リンデロン1.25mg維持期3日目:ステロイドによる「骨挫傷」でした。

リンデロン1.25mg維持期3日目:ステロイドによる「骨挫傷」でした。 ーーー 午前中に、昨日検査を受けたMRI画像のCD-Rを持って、近隣の整形外科に出かけてきました。結果的には左膝は「骨挫傷」(こつざしょう)になっていました。骨挫傷はMRIでないと分からないそうです。危うく骨折しているところだよ、とのことでした。 下の画像の左は水分を抜いた状態の私の膝で、右は水分だけを写した状態の私の膝です。右の方の画像に写っている膝の下の骨の中に、すこし横に長い白い固まりのようなものがあるのがお分かりでしょうか(左の写真なら黒い固まりがあります)。その部分が「骨挫傷」を起こしている部分です。そこの骨が炎症を起こしているということになります。見にくくなるので、あえてマーカーしていません。
骨挫傷は通常は激しい打ち身などで起こるそうですが、ステロイドでも起こるとのことです。ステロイドを長期服用していると骨が脆くなってきて、骨挫傷が起こることがあるとのことです。どうりで、太り過ぎによる膝痛にしては酷いなあと思ったわ。 また、整形外科Dr.が、診断書を書くから仕事を休んで安静にしていなさいと言ってくださいましたが、せんせ〜、私、フリーランスなんで上司も経営者もいないんです、明日は歩き回る仕事ですが休めないんですと答えたら、唖然としておられました。そのため、しばらくは松葉杖をついて歩くことになりました。松葉杖のレンタル料、1日20円です(先に保証金3000円取られましたが)。ウチでは伝い歩きをして、左膝に力をかけないことと注意がありました。 ちなみに、骨密度は若年成人と比較して102%、同じ年齢の方と比較して107%ありました。今後は服薬としては、「ボノテオ」という骨粗鬆症の薬を”月に1回”(月に1回で1ヶ月効く)服用し、ビタミンDを補強する「カルフィーナ錠」を毎朝服用することになりました。 ーーー 膠原病・アレルギーのDr.は、ステロイドで膝を痛めた人を聞いたことがないとのことでしたが、せんせ〜、先行事例が出来ましたよ〜。また事例発表などに使ってくださいませ?! 今日はやけに眠いです。炎症が起きているからかな? ちょっと昼寝します。おやすみなさい。 追記:しかし、まあ、脂肪の多いこと。ステロイド太りだなあ。
豊田 美智子さんの写真