構造化コーディネート研究所(cc−labo)

代表である豊田美智子の個人的なブログです。事業所のURLはhttp://cc-labo.jp/です。

融通の利かない、精神・発達障害の義長兄。

融通の利かない、精神・発達障害の義長兄。 ーーー 昨日は、重度知的障害認知症の義次兄がデイサービスに出かける日でした。無事に出かけてくれたものの、デイサービスの担当者の方から連絡があり、今日はリハパン(リハビリ用パンツ=おむつ)を履いていませんが、とのことでした。

何故そうなったか、今日ダンナに聞いてみると、ダンナが「おむつが気持ち悪くて、どこでもズボンを降ろしたくなるんじゃないか」と義長兄に伝えたそう。それで義長兄はリハパンを履かせる時間を減らしてしまい、デイサービスにも履かせていかなくなりました。

ダンナに言いました。義長兄はアスペルガーの特性上、「言葉どおり」に意味を取ってしまい、文脈を読めないんだから、余計なことは言わないで欲しいと。そして電話ですぐに、義次兄にリハパンを履いてもらうように伝えました。 ーーー 障害の特性が分かる私が、直接、義長兄に言葉を出すとキレることが多いので、ダンナ経由で言ってもらうことが増えました。でも、それが余計な一言につながっている場合がでてきました。 もう1人、義三兄がいるのですが、こちらは極度の神経症で、相談相手にはなりません。けれど、異常に義長兄&義次兄の心配をしては自分が苦しんでいるので、あまり深く突っ込まないようにしてもらわないといけません。 なので私が、義兄弟全体のバランスを見ないといけません。みんなにもっと、障害のことを勉強してもらわないといけません。兄弟だからといって、何でも伝わり合う訳じゃないのですから。。