構造化コーディネート研究所(cc−labo)

代表である豊田美智子の個人的なブログです。事業所のURLはhttp://cc-labo.jp/です。

メモ:虚血とうっ血の違い。

メモ:虚血とうっ血の違い。 ーーー 眠れないので、メモを書きます。

・・・・・ 「虚血」:動脈が細くなって、動脈の血液の流れる量が減少した状態。白くなる。虚血性疾患という言い方をする。

「うっ血」:静脈が細くなって、静脈の血液が貯留した状態。紫色になる。全身性、肺、局所性のうっ血がある。うっ血性心不全という言い方をする。 ・・・・・ 心不全(病態のひとつ)の中に、虚血性疾患(病気のひとつ)が入ると言う関係です。 私は「うっ血性心不全」をジキタリス系の薬であるジゴキシンで何年も行い続けていたのをいいことに、本来必要だった「虚血性疾患」の治療を怠ってしまっていたのかもしれません。いま必要なのは、「虚血」の治療をすること。 虚血性疾患の方が浮腫む理由は、引用『血が少ない人は血流が悪い。血流が悪いので代謝(ナトリウムポンプが上手く行われず、体内のNa濃度が高くなり、浸透圧(水は濃度の高い方にたまります) で水を体内にためこみ、尿として排出しにくくなるからです。』と言うこと。 「虚血」をぼちぼち、治していきます。