構造化コーディネート研究所(cc−labo)

代表である豊田美智子の個人的なブログです。事業所のURLはhttp://cc-labo.jp/です。

銀行ってあほか?

銀行ってあほか? 被後見人になったら印鑑証明廃止になることがわかっていないんですね。後見人である私の実印が被後見人の印鑑証明になるのに。

約束を守れ。

嘘をつく人が嫌いだ。針千本飲ませてやりたい。約束を守れ。

2017/1/127 糖質制限211日目:「気が優しい人が多すぎる」。

今日は、慢性疲労症候群(筋痛性脳脊髄炎)の診察日でした。ここのところ補助金地獄のため、ゆっくりと眠ることができませんでした。今日も睡眠不足で病院に出かけたところ、電車の中で眠ってしまって乗り越してしまいました。
夜の睡眠時間が短い理由には、もう1つ理由があります。夜中にお腹が痛くなって、トイレに行きたくなるのです。3時ごろや4時ごろ、5時ごろの日もあります。トイレに行った後に2度寝できる時と、そのまま起きている日があります。
Dr.曰く、交感神経が活発すぎて、こんなことになるんだろうとのことでした。毎日の生活日誌を記録してDr.のところに持っていくのですが、昼間に睡眠を取りなさいとのこと。Dr.のおっしゃる通り眠くてたまらず、病院から帰ってきて、今日はお昼寝しました。でも毎日、昼間に睡眠を取ることはできません。
〜*〜
アレルギーが酷くなったことも、お話ししてきました。むずむず脚症候群の貼り薬である「ニュープロパッチ」で、身体が真っ赤になることも伝えてきました。その結果、むずむず脚症候群の薬だけでなく、慢性疲労症候群と分かった時から飲み続けてきた抗精神病薬の「エビリファイ」をやめることになりました。
とうとう、「エビリファイ」ともお別れです。私を元気にしてくれる薬がなくなりました。代わりによく眠れる、抗てんかん薬でもあり、抗不安薬でもあり、むずむず脚症候群の薬でもある「リボトリールランドセン)」の量を増やすことになりました。
リボトリールランドセン)」を昼間に2錠、寝る前に5錠、服用します。寝る前の5錠は以前から服用していましたが、昼間にも服用して眠気を誘うこととなりました。これは嬉しいようで、困ったことでもあります。電車の乗り越しがまた増えそうです。長い時は1時間電車に乗りっぱなしなので、立っているのも辛いしなあ。
〜*〜
話は戻りますが、なぜ眠れないのかということをDr.とお話ししている時、Dr.が「慢性疲労症候群の患者さんは、気が優しい人が多すぎる」とおっしゃいました。もっと自分のことだけを考えて生きるようにしないと、ということでした。
私、そんなに気が優しいわけでもないんだけれどなあと思いつつお話を聞いていたのですが、Dr.の話を聞いているうちに、やっぱりサービス精神が旺盛すぎるかもと思うようになりました。
そう思いつつ、いま、20万円の補助金のために10枚も企画書を出さないといけない農水省補助金の計画書を編集しています。こんなの、農家さんや府の職員の方じゃ、書ききれないもんね。私の地元の地域の農業になくてはならない補助金だから、何とか採択につながって欲しいと思っています。はあ、しんど。

言葉がよくわからない。

農水省補助金申請書に書かれている言葉の意味・定義がよくわかりません。例えば、バリューシステムって何? バリューチェーンのことでいいのかな? 難儀だなあ。

補助金地獄・・・。

補助金地獄に陥っています。チラシ配るから補助金ちょうだいだけじゃ、採択されません。それを説得するのに、顔が疲れるくらい喋っています。。

2017/1/121 糖質制限205日目:ヘルパーをしてきました。

ごぶさたしております。糖質制限を始めて200日を超えました。一時期、10kg超の減量に成功したのですが、また9kg減に戻ってしまいました。ここにきて、体重の減りが停滞しています。あと11kg減らしたいんだけれどなあ。
身体の方はここのところ、アレルギーで悩んでいます。身体が痒くなったり、蕁麻疹が出たり、掻きむしったりしています。ローションやヒルドイドが効かなくて、先日、リンデロン(ステロイド)のローションと抗ヒスタミン薬を処方してもらいました。また手元には届いていないのですが、これで効果が出なかったらどうしようと悩んでおります。
アレルギーのため、薬をアレルギー薬(抗ロイコトリエン薬)と眠剤(抗てんかん薬を含む)と漢方だけにしてみました。むずむず脚の治療のための抗パーキンソン薬の貼り薬を使用すると真っ赤に腫れるようになったので、今はやめています。相変わらず、むずむず脚は続いています。
〜*〜
今日はダンナの仕事(介護タクシー)のお客様が、京都に行かれるので、私もヘルパーとして同行してきました。ヘルパーの仕事にはついたことがありませんが、介護保険が施行されて2年目の時にヘルパー2級の資格をとりました。でも今はヘルパーという名前ではなくなりましたね。
今日のお客様は、パーキンソン病を持っておられる女性の方でした。私は乗降介助や道中のおしゃべり、姿勢の保持などのお手伝いをしてきました。京都には同窓会でお出かけになられました。私たちは行きだけお送りしてきました(帰りは娘さんが迎えに行ってくださるそうです)。
介助の仕事は楽しいです。生活介助(料理や掃除など)は苦手ですが、身体介助(移動支援、清拭、入浴介助)などは苦手ではありません。今日の女性の方はご主人さんもご病気で、片足を切断されておられます。よく調子を崩されて病院に行かれるのですが、女性の方(奥様)が付き添いをするのが大変なので、可能な時は、通院介助もさせてもらうことにしました。
〜*〜
最近、違った仕事をしてみたく、土日限定でガイドヘルパー(障害者の移動支援:略してガイヘル)をしようかなと思っています。ヘルパーとは別の資格が必要なので、全身性障害のガイヘルの講座を受けに行こうかと考えています。
幸い、ウチの近くで講座が開かれることが分かったのですが、その主催者が私の住む市の中で、行政に食いかかる強烈な障害者運動をしておられる方が理事である法人でした。関わりたくないので、他の法人の講座を受けに行こうかなと思っています。
・・・と、考えていたのですが、私自身が身体障害者であることを忘れていました。だから、ガイヘルができないことに気づきました。足元がおぼつかない、手に力が入らない私が、ガイヘルできないですよね。できるとしても、今日のような病気の方の移動支援ぐらいです。
〜*〜
思いついた試みが、すぐに消えてしまいました。あ〜あ。やっぱり、ダンナのお客様のヘルパーをすることにしようっと。土日は仕事が少ないけれど(病院が空いていないからね)、できるときはやってみよう。介助のお仕事、楽しいです。
 

また壊れたー。

MacBookが直ったと思ったら、今度は洗濯機が壊れたーーー。😭