構造化コーディネート研究所(cc−labo)

代表である豊田美智子の個人的なブログです。事業所のURLはhttp://cc-labo.jp/です。

☆祝・老眼鏡完成☆

老眼鏡が出来たと聞き、眼鏡屋さんに行ってきました。私の老眼鏡は、一般の人の5倍強いものだそう。まだ、普段使いの眼鏡と老眼鏡の使い分けができません。パソコン作業は、普段使いの眼鏡の方がしやすいです。

★『福祉にプロジェクトはない』『アドバイスはしてはいけない』・・・何ゆうてんねん。★

約3ヶ月かけて、大阪府主催、大阪府社会福祉協議会(以下、府社協と呼ぶ)実施の「福祉サービス第三者評価調査者研修」に参加してきました。参加の理由は、私の仕事の幅を膨らますという目的と、博論で考えたい福祉のマネジメントシステムを構築するためのツールづくりの先輩格として、仕組みを知っておきたかったからです。

ここでいう福祉サービスとは、高齢・障害・児童の3つを指します。講義が5回、グループに分かれて実習が1回(特養に行きました)、グループごとの評価表作成が1回の計7回の研修でした。

申込み時点で、自分の立場を「ア:組織管理を3年以上経験しているもの」「イ:介護職の経験が一定以上のもの」「ウ:その他、同等の知識を持っているもの」の中から選択してくださいと書かれてありました。

私はアは介護職での組織管理と思い込んでいたので、ウで申し込みました。でも府社協の方が、実績もあるし、アは介護職以外でもOKだから、アで申し込んではいかがですか?とおっしゃってくださいました。

社協の担当者に経歴をメールして、府の担当者に判断してもらいました。でも何回出しても、府からダメ出しを喰らいます。府社協から府と直接相談してと言われ、府に電話しました。

私はサラリーマン時代はプロジェクト・マネージャー的な仕事をしてきました。それを担当の女性に伝え、そばにいる上司に伝えて判断を仰ぐという面倒臭いコミュニケーションの結果、その上司は『福祉にはプロジェクトはない』という理由で、結局、私の願いを却下されました。

この上司、バカかと思いました。私は福祉の世界でもプロジェクトマネジメントをしています。サラリーマン時代は7年、プロジェクトを続けてきました。この時点で阿呆らしい制度だなと思うようになりました。

ウになったら、評価者にはなれません。それでもいいわと思い、実習に望み、先日の木曜日にグループメンバーとのすり合わせをしました。

担当の先生に、私の書いた評価表を見てもらったところ、『アドバイスは書いてはいけない』と言われました。第三者評価は、国と都道府県がまとめた評価のポイントに沿って福祉サービスを実行しているかを実習先にヒアリングし、ポイントから外れる場合は、その点をまとめのシートに書いて行くことしかできないようになっています。

社協は評価機関でもあります。第三者評価の仕事を1回(2~3日)30万円で受けています。それでアドバイスを書いてはいけないと言われると、普通の企業なら怒りますよ、と担当の先生に言いました。すると、アドバイスが必要ならば、別途、アドバイスの申し込みをしてもらう(有償)ことになるとのこと。

なんですか、この馬鹿らしい制度は。結局、お金のある施設・事業所しか第三者評価を受ける意味がなく、しかもそういう施設・事業所さんに『アドバイスしてはいけない』、あくまでも評価のポイント通りにサービスができているかどうか確認するだけです。

この制度は、評価を受けるために施設・事業所は書類を整理するという利点はあります。しかし、アドバイスを書いていた私の評価表(一部分)はすべて書き直しを命じられました。

こんなことで福祉サービスが良くなるのか、甚だ心配になりました。評価はPDCAサイクルのCに値するものです。そこで、アドバイスがないと、次のAに進めないじゃないですか。

これはアカンなと思い、ISO9001とこの福祉サービス第三者評価のやり方をいいとこ取りをして、マネジメントというより、マネジメントシステムを作っていくツールを作りたいと思いました。

それを博論にするにはあと2年はかかりそうですが、ISO9001とこの福祉サービス第三者評価の”評価”をした上で、博論に望みたいと思います。

しかし、昔は府の福祉関係の仕事を府社協を通して、無理を聞いてあげて仕事をしてきたのに、『福祉にプロジェクトはない』『アドバイスはしてはいけない』なんていう仕打ちを受けて、少々、腹が立っております。

でも、第三者評価の欠点が見えるいい機会になりました。福祉サービスの品質がもっと上がるように、考えて行きたいと思っています。長文、失礼いたしました。

JR西日本からお返事がきました。

JR西日本からお返事がきました。『  』は私がつけたしたものです。『 』以外は、どこかで見たような文章ばかりだなあ。
ーーー

豊田 美智子 様

いつもJR西日本をご利用いただきまして、ありがとうございます。
お客様からいただきました貴重なご意見に対し、回答させていただきます。

このたびは、豊田様には、列車をご利用いただいた際に、ご不快な思いをおかけいたしまして、誠に申し訳ございまん。

弊社では公共の空間としての「駅」、「列車」がより快適にご利用いただけるよう、放送やポスターなどを活用し、お客様へマナーのご協力の呼びかけを行っております。

「優先座席」は、お年寄りの方、お身体の不自由な方、妊婦の方、小さなお子様をお連れの方など、お席を必要とされるお客様に、座席をおゆずりいただけるよう設定した座席です。

列車をご利用のお客様には、車内放送での呼びかけとともに、優先座席の布地やヘッドカバー・表示ステッカー等に視覚的に一目でわかるデザインを採用し、ご協力いただきやすいようにご案内しておりますが、至らず申し訳ございまん。

恐れ入りますが、ご利用いただくお客様の年齢制限は設けさせていただいておりません。何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

今後も引き続き、マナー向上に向けて粘り強く取り組んでまいりますので、何卒、ご理解賜りますようお願いいたします。

『また、車掌等に通報できるシステムについて、お客様からいただきました貴重なご提案は、今後の参考とさせていただきます。』

このたびは、豊田様には、ご不快な思いをおかけたしましたことを、あらためてお詫び申し上げます。

今後ともJR西日本をご利用いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

西日本旅客鉄道株式会社
CS推進部 JR西日本お客様センター
ーーー

『 』以外の部分は今後の参考にしないの?と聞いてみたいです。貴重なご提案”は”、だもんね。あとは聞いたふり。

 
 
 

JR西日本にまた送りました。

JR西日本 ご担当者さま

 
 何度も申し訳ございません。171011-000272で投稿した豊田美智子と申します。171011-000272の話で追加がありますので、メールをさせていただきました。
 
 言いたいことは、自分が乗っている車両号数と位置を、IoTを使ってスマホのアプリで把握し、例えば
「痴漢にあっている」
「優先座席に座れない」
「乗客同士が喧嘩している」
「私はペースメーカーをしているのに、優先座席でケータイをしている人がいる」
内部障害のハートマークが、優先座席の乗客に通じない」
などの項目を用意しておき、それをクリックすればどの車両で何が行われているか車掌さん(またはお客様司令部というものを作る)が把握し、特定の車両への車内放送や直接現場に行って、その自体を改善できるのではと思っています。
 
「混んでいるからなんとかしろ」なんていう項目はなくていいです。いま、必要な項目だけ(一応、その他も入力できるようにしておく)対応していただければ幸いです。
 
スマホ以外は車両号数と位置を自動認識できませんが、ガラケーの検索ソフトからアプリにアクセスできるようにしておけばいいでしょう。
 
『いま起こっていることを、いま解決してほしい』という希望が叶わないかと思っています。
 
私はITに詳しくないので理想の世界の話なのかもしれませんが、少しでも車内マナーの向上につなげていただきたく、メールをさせていただきました。
 
他にも方法があるかもしれません。ご検討いただければ幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。
 
豊田 美智子

JR西日本に送りました。

 
 
お世話になっております。いつも大和路線を主に利用させていただいております。ちなみに私は、杖をついて歩いている障害者です。
昨日10月10日(火)午後6時頃、JR難波駅出発の各停(普通)列車で起こったことでお尋ねしたいことがあります。
 
私がJR難波駅に停車している4両目の電車に乗り込んだところ、優先座席に対面で3人と4人ずつ、幼稚園児と思われる子どもたちが座っていました。子どもの母親たちは扉付近で話をしたりスマホをしたりしています。子どもたちはソファーの上に靴のまま立ったり、膝を立てて窓から外を覗いたり、前向いて座って前に向いて対面で座っている他の子どもと話をしたりしていました。
 
私は子どもたちの前に立ちました。でも、子どもが席を譲ってくれる訳でもなく、母親たちが注意する訳でもありません。そして、その状態のまま、電車が発車しました。そして、天王寺駅でたくさんの方が乗り込んできました。その中に、身体の不自由なおばあさんがお1人いらっしゃいました。私はおばあさんにも席を譲らない子どもたちに腹を立て、加美駅付近でたまたま3人並んでいる方の優先座席の端が少し空いたので、私が無理やり座り込みました。そしておばあさんに声をかけ、次で私は降りますからといって席に座っていただきました。私は久宝寺駅で下車したので、その後の子どもたちと母親たちの動向はわかりかねます。
 
そこでお聞きしたいのは、何歳児くらいなら優先座席を譲るべき対象になるのかということです。乳児を抱いたお母さんは優先座席に座っていただいてもなんら文句もありませんが、幼稚園児ぐらいでしたら席を空けてもいいと思うのです。しかし、その根拠を仮に母親たちに求められると「もう大きいんだから、立っていても大丈夫でしょ?」等と言えるのでしょうか。
 
年齢で区切るのは難しいと思いますが、幼児に席を立たせることを『他人』が命令しても良い基準なり、アナウンスなりが欲しいと思っています。『親』がしつけないのですから、乗客がしつけるしかありません。どうかご検討いただければ幸いです。

★天王寺ミオの続き★

天王寺ミオからご返答いただいたお礼のメールをしました。

ーーー
天王寺ミオ ご担当者御中

 いつもお世話になっております。早速のメールをありがとうございました。

 その後の私は、「化学物質過敏症」の症状が治まり、今日から復活いたしました。
私は「化学物質過敏症」と病名がついていますが、病名はないけれど匂いで
気分が悪くなるという方も大勢いらっしゃいます。

 ミオの中のアロマの設置がない場所を教えていただき、ありがとうございました。
今度からそちらへ行くようにいたします。
 消臭芳香剤はおそらくアルコールが含まれていると思いますので、
アルコールでも重篤な喘息が出る私は、避けておこうと思います。

 早速のご対応をいただき、ありがとうございました。
今後ともどうぞよろしくお願い申しあげます。
ーーー

すると、ミオの方からまたメールが届きました。
ーーー
平素は、天王寺ミオをご利用いただき誠にありがとうございます。
この度は、ご丁寧な返信を頂きありがとうございました。
また、症状が治まり体調が無事にご回復されたとのこと、安堵致しました。

これからもご来館いただいたお客様に楽しい時間をお過ごしいただけるよう、快適なショッピングセンターづくりを目指して日々努力してまいります。
豊田様のまたのご来館を心よりお待ちいたしております。
ーーー

お礼のメールにまた返信いただけるというのは、とても珍しいことだと思います。スタッフに恵まれたのか、組織文化なのかわかりませんが、素直に嬉しかったです。

★天王寺ミオからお返事が来ました★

先日、天王寺ミオのトイレにアロマが設置されており、「化学物質過敏症」の私はその香りで吐いてしまった、全館撤去とは言いませんが、アロマのないトイレを作って欲しいというメールを天王寺ミオに送りました。
 
今日、天王寺ミオから、以下のようなお返事が届きました。
ーーー
平素は、天王寺ミオをご利用いただき誠にありがとうございます。
この度は、館内の化粧室をご利用いただいた際にご気分を悪くさせてしまい、
香りが苦手な方々に対する配慮が欠けており申し訳ございませんでした。
その後お体の調子はいかがでしょうか。
 
ミオでは、ご来館いただいたお客様に癒しの演出として平成22年12月より順次化粧室内にアロマの香りを設置しております。
現在、館内の多くの化粧室にはアロマを設置しておりますが、
本館(2階、6階、8階、11階)とプラザ館(2階、3階北側、4階北側、7階)の多目的化粧室にはアロマの設置はございません。
また、本館12階とプラザ館6階・7階・8階の化粧室は、消臭芳香剤の設置となっております。
こちらはアロマではありませんが消臭芳香剤が定期的に噴射される仕様になっておりますので、
もしかすると香りを感じられて症状が出られるかもしれませんが、参考にしていただければと思いご案内させていただきます。
ご不便をおかけしますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。
 
豊田様からいただいた貴重なご意見は今後の参考にさせていただきます。
今後も天王寺ミオをご愛顧賜りますようお願い申し上げます。
 
天王寺ミオ info@tennoji-mio.co.jp
ーーー
 
アロマだけでなく消臭芳香剤を噴射しているトイレもあるとのこと。これには恐らくアルコールが含まれているので、アルコールアレルギーを持つ私は使うことができません。
 
結局、多目的トイレに行ってくださいということですね。今後はそうするようにいたします。みなさま、ご心配をいただき、ありがとうございました。