読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

構造化コーディネート研究所(cc−labo)

代表である豊田美智子の個人的なブログです。事業所のURLはhttp://cc-labo.jp/です。

★ペチュニアを植えておられる方、ご注意ください★

ペチュニアを植えておられる方、ご注意ください★

JAにお勤めのお友達から以下の連絡をいただきました。身近に該当するペチュニアがあれば、対処なさってください。
ーーーーー

【タキイ ペチュニア回収】
http://www.takii.co.jp/info/news_170509.html
先日話題になりましたタキイの遺伝子組み換えペチュニア回収。
フィンランド食品安全機関が何種類かのペチュニアの遺伝子を調べたところ、遺伝子組み換え品種が何種類か発覚し、そのなかにタキイの品種が含まれていた(https://www.evira.fi/…/evira-removes-genetically-modified-…/)。ちなみに国内における遺伝子組み換え品種の流通には、農水省の認証をとる必要がある(カルタヘナ法 http://www.maff.go.jp/j/syouan/nouan/carta/about)のだが、今回タキイは未承認品種を流通させてしまった、ということで農水省より回収の指示が出た』と、いうもの。
タキイ側の主張としては、『この品種の育種に、遺伝子組み換え品種を用いてしまっていたことを認識していなかった』としてます。ただ、国内外の様々な方面で高い評価を受けてた(http://www.takii.co.jp/info/news_aas1502.html ) だけに影響は大きそうです。

ーーーーー
以上です。

「電磁波過敏症」であるとのこと。

私は「電磁波過敏症」であるとのこと。今日、病院で先生から聞きました。ググると思い当たることがいっぱい。また病気が増えました。(--) しんどいなあ。

2017/3/21 糖質制限264日目:「化学物質過敏症」と診断されました。

ごぶさたしております。みなさま、お元気でいらっしゃいますでしょうか。久しぶりの、とよこのグダグダ文です。
今日、「化学物質過敏症」という病気を診ていただける病院で、”あなたは化学物質過敏症である”という診断を受けてきました。
2008年にアスピリン喘息(鎮痛剤や風邪薬を飲むと重篤な喘息発作を起こす)に加え、アルコール喘息を同時に発症しました。それ以来、アルコールはもちろんのこと、タバコ、香水、アロマ、ハーブ(ミントなど)、柔軟仕上げ剤、防虫剤、殺虫剤、建築資材、パーマやカラー液などに反応して、気分が悪くなり、気管が締まり、酷い時は重篤な喘息発作を起こすようになりました。
〜*〜
ここのところ、その傾向が強くなり、街中を歩くのが辛くなってしまいました。なんとかならないかと思い、病院に通うことにしました。診断の結果、解毒剤とビタミンBなどで治療することになりました。でも、完治する病気ではありません。
慢性疲労症候群(筋痛性脳脊髄炎)もひどくなる一方で、この病気と併発しやすい化学物質過敏症も加わり、今は動くのも大変になってしまいました。
考えた末、4月からほとんどの仕事を辞めることにしました。しばらく休養します。極貧生活になりますが、節約してなんとか暮らして行きます。
〜*〜
いままでこの症状があったけれど、食事会(宴会)などを断りにくい状態にありました。ごく少数の方しかアルコールを飲まない、かつタバコを吸わない方ばかりの時でないと食事会に行けませんでした。でもこれからは、”化学物質過敏症なので宴会に行けません”と言いやすくなりました。
病院の先生からは、お米は食べるなと言われました。お米にかかっている農薬で体調不良になる方が多いそうです。また、アレルギーテストで、乳製品がアウトになりました。毎日、大豆粉パンにピザソースとモッツァレラチーズをのせて、焼いて食べていたのですが、チーズをやめないといけません。
幸い、お米に関しては糖質制限をしているので食べてはいませんが、ようやく苦手だったチーズを少し食べられるようになったところなのに、困ったもんです。同じく糖質制限で小麦も控えているため、まずい大豆粉パンをホームベーカリーで焼いて、ピザトーストにしてなんとか食べていたのに。。
〜*〜
グダグダ文にお付き合いいただき、ありがとうございました。春の足音が聞こえてきました。まもなくサクラも満開になることでしょう。みなさまのところにも、素敵な春が届きますように。

昔の私に戻りそうです。

ドクターストップがかかって1ヶ月。それでも動いていたら、とうとう動けなくなりました。現在、ほぼ寝たきりの生活です。昔の私に戻りそうです。

患者から医師にお願いしろ。

さっきの続き。薬局は悪くない。重複している薬は医師に処方できないというだけ。それでも処方をしてほしければ、患者から医師に一筆書いてとお願いしろとのこと。最悪。

患者に聞け。

異なる病院で同じ処方してもらっている薬を、ダブっているからといって勝手に病院に電話して処方を取り消すな、調剤薬局。同じ薬でも用途が違うんだよ。取り消す前に患者に聞け。

もっとしっかりしろや、親族ども。

なんで一銭も相続しない、一後見人の私が、相続の問題で走り回らんとあかんねん。もっとしっかりしろや、親族ども。